アメリカ留学のホームステイ情報 英会話・TOEIC勉強法

ドイツ語翻訳を行う際には単語の知識が重要

ドイツ語は英語に非常に近い性質を持っています。そのため、ドイツ語翻訳を行う際には、何よりも単語の知識が豊富なことが非常に重要です。

ドイツ語は英語と同じように文脈により全体の意味が変化する性質を持っていますが、基本的に文法的な構造は変化しないので、単語に関する知識を持っていることでより正確に伝わる翻訳を行うことが出来るためです。

また、ドイツ語翻訳を行う際には文脈をしっかりと把握して翻訳を行うことも重要です。同じ文章でも前後の文章によって全く異なる内容になる事も有り、その全体の流れを把握する事が翻訳を行う上では非常に重要なものとなります。

最近のドイツ語翻訳の目安は

最近では翻訳業界はどの言語も社内翻訳で済ますケースが増えているようで、ドイツ語も例外ではありません。目安というと当然翻訳料金の事になります。

英語と異なりドイツ語翻訳は人材が比較的少ないので、英語よりもレートの値崩れは少ないようです。日本語からドイツ語に訳す場合は、原文の日本語ベースで料金を設定する場合は、400字当たり¥3,000~¥3,500程度ではないでしょうか。またドイツ語から日本語に訳す場合は、日本語訳し上がりで文字数をカウントする会社が多いと思います。これは400字で¥2,000程度と考えてよいのではないでしょうか。

ドイツ語翻訳に限りませんが、特許などの難しい分野では料金がだいぶ高くなります。また翻訳会社に依頼する場合は、上記の料金の2倍程度を見込んでおくとよいでしょう。

文章で難易度が異なるドイツ語翻訳

どの様な文章であるのかという事によってドイツ語翻訳を行う際の難易度は違ってくる事が予想されます。翻訳者として仕事をしている人であれば、もちろん高度なドイツ語翻訳にも対応できる必要があります。しかし、そうではない場合には、簡単なレベルのドイツ語翻訳からスタートするのもいいでしょう。

また、ドイツ語翻訳と言ってもいろんな分野があります。分野ごとにドイツ語翻訳において頻出単語や文体は違います。自分がある程度把握できている分野であれば、作業を進めやすく感じられる事もあるでしょう。全く把握できていない分野であれば、とり一層難しく感じられる事もあると予想されます。少しずつレベルアップしましょう。

自分でトライするドイツ語翻訳

これまでに学習してきた経験のある人であれば、人に頼らないで自分自身でドイツ語翻訳にトライしてみるのもいいでしょう。

ドイツ語翻訳と言っても日常会話の様な簡単なレベルもあれば、法律や医療など非常に専門的で高いレベルの文章もあります。

簡単なドイツ語翻訳であれば、学生の時に勉強したという人であれば、辞書を使う事で対応できる事もあるでしょう。しかし、仕事としてドイツ語翻訳をしないといけない時には、あまりおすすめではありません。ドイツ語翻訳に時間と労力が必要以上にかかってしまう事もあります。状況に応じて自分でトライするといいでしょう。私用で利用したい場合などは、自分で行うのもいいでしょう。

ドイツ語翻訳家になりたい

ドイツ語翻訳家になりたい場合には、高いドイツ語の能力が求められることがあげられます。それに加えて、単にドイツ語ができるようになるだけではなく、表現力や専門的な知識、リサーチ能力などを問われることがあげられます。

翻訳の仕事においては映画のような字幕だけではなく、企業が利用する契約書や説明書などの案件もありますので、そのような場合にはクライアントにわかりやすくすることが非常に重要になってきます。しっかりとした翻訳家になりたい場合には、まず歴史のある翻訳会社に所属することを目指して見るといいでしょう。

ドイツ語翻訳の必要性について

国際社会と呼ばれる現代において、英語だけではなく、ドイツ語翻訳などの多様性が必要とされる場面も多く存在するようになりました。留学やワーキングホリデーなどによって様々な外国語が習得できる機会も多くなり、専門的な仕事として就職したいという方の割合も年々、増えています。

需要も高く、あらゆるシーンでの語学力は幅広く活用され、一般的な生活だけでなく、医療や科学、政治などの専門的分野でも必要性が高まっています。海外との情報交換や交流、意見交換などが行われる中で、言葉の壁を超えるための方法として翻訳作業が用いられます。

ドイツ語翻訳に関する記事

ページの先頭へ戻る

教育ローンは通学定期代にも利用できる    教育ローン豊岡    教育ローンの返済義務は誰にあるか    医学部の教育ローン    教育ローンと在学期間の長さ

copyright©アメリカ留学のホームステイ情報~ホストファミリーと英会話でコミュニケーションとろう~.All Rights Reserved.