アメリカ留学のホームステイ情報 英会話・TOEIC勉強法

英語翻訳の技術を高めるには

英語翻訳には英文を早く正確に読み取る能力と、英文の内容を正確に読みやすい日本語の文章におきかえる能力が必要です。また、専門的な分野の翻訳であればその分野に対する知識も不可欠です。

翻訳者の大部分は医療や技術、機械、経済、法務など自分の翻訳の専門分野をもっています。ですから英語翻訳技術を高めるにはまず、自分の専門分野の英文、和文を大量に読むこと、文章力をみがくために日本語の新聞などで正確な文章の書き方のコツを身につけることが大切です。また正確に英文を読み取るために上級者向けの英文法書を通読することをおすすめします。

英語翻訳とは原文の意図を汲み取ること

そもそも英語翻訳は、原文の何を訳すのでしょうか?単に、品詞や構文を訳すことではありません。

まず、英語翻訳者が考えなければならない3つの要素があります。それは「読者」「用途」そして「効果」です。訳す前に、まず読者層を考えます。どんな人が読むのか?その読者層に合わせて訳さなければなりません。

次に、その使い道です。例えば、新商品を売り出すのか、契約条件を提示するのか等を頭に入れとかないといけません。そして、原文は読者に対してなんらかの効果を与えたくて書かれています。英語翻訳とは、その意思を読み取り、訳していくことが大切です。

働き方が選べる英語翻訳

企業の中で、顧客の依頼を受けて英語翻訳を行うばかりではありません。英語翻訳の仕事は、本人の希望によって働き方を自由に選ぶ事ができます。英語翻訳の仕事をするのであれば、将来の自分はどんな働き方がしたいかという事についてビジョンを持つのもいいでしょう。

英語翻訳の仕事は、独立するというのも一つの働き方ではないでしょうか。

女性は特に結婚をするとライフスタイルが大きく変わる事もあります。そのため、英語翻訳の仕事を選択すると、ライフスタイルに応じて働き方を選ぶ事によって、ブランクなく仕事を続けられる事もあるでしょう。最初から高いスキルを求められますが、働き方は自在性が高いので便利な事もあります。

異なるキャリアを活かして英語翻訳

これまでは別のフィールドで活躍していたという人が、英語翻訳の仕事を行う事もあります。しかし、英語翻訳の仕事の場合には、いろんな業種から依頼が来ます。

ITで活躍していた人が英語翻訳の仕事に移る際には、ITの知識を活かしながら英語翻訳を行う事ができる事でしょう。

この様に異なるキャリアを活かして英語翻訳を行う事もあります。これまでのキャリアが無駄になってしまう事なく、転職をした後に活かす事ができるというのは素晴らしい事ではないでしょうか。あらゆる分野の翻訳作業に対する需要がありますので、きっと自分がこれまでに頑張って積み重ねてきたものを、さらに応用する事ができるでしょう。

英語翻訳に関する記事

ページの先頭へ戻る

教育ローンは通学定期代にも利用できる    教育ローン豊岡    教育ローンの返済義務は誰にあるか    医学部の教育ローン    教育ローンと在学期間の長さ

copyright©アメリカ留学のホームステイ情報~ホストファミリーと英会話でコミュニケーションとろう~.All Rights Reserved.