アメリカ留学のホームステイ情報 英会話・TOEIC勉強法

英語翻訳に必要なレベルとは

英語が得意なので翻訳家になりたいという人は多いと思いますが、英語翻訳にはどの程度のレベルが必要なのでしょうか。

一般的には英検1級やTOEICで900点程度が必要と言われていますが、必ずしもこれらの資格が必要というわけではなく、実際に資格がなくても英語翻訳を仕事にしている人は大勢います。つまり必要なのはこれらの資格がとれるレベルの英文を早く正確に読み取る能力が不可欠だということです。

英語翻訳者として仕事をする場合、依頼された仕事の英語原稿をまず通読することが必要となるので、仕事の効率をよくするためにも英文を早く正確に読み取る能力が必要となるのです。

勉強し続ける必要がある英語翻訳

すでに英語翻訳の仕事に就いている人であったとしても、さらに高いレベルになるために勉強を続けている人もいる様です。

英語翻訳は、これだけできればいいという事はなく、少しでもスキルは高い方が好ましいでしょう。

英語翻訳の仕事をするためにも、たくさんの勉強をしている人が多いですが、さらにずっと勉強を続けるというのはかなりの努力が必要となる事が予想されます。そのため、学ぶ事が好きな人や、自分を成長させたいと考えている人は英語翻訳の仕事に適している事もあるでしょう。

英語翻訳のスキルがアップしているという事を実感できた時には、きっと喜びを感じる事でしょう。さらにスキルを磨きましょう。

英語翻訳における辞書の利用方法

英語翻訳をする際に、英語の実力が高いほど辞書の利用を怠って誤訳や不適切な訳につながってしまうという落とし穴に陥りがちなので注意が必要です。すべての単語の意味を確認する必要はもちろんありませんが、意味を知っているつもりの単語でも、思いがけない意味を発見することもあります。

また英語翻訳では、辞書に記載されている単語の訳を選択すれば足りると誤解している人がいますが、単語の意味を確認したら原文のニュアンスや文脈に合った表現を自分で考え出す、という姿勢が大切です。和訳でも英訳でも自分の頭の中にどれだけ数多くの表現がストックされているか、これが大切です。

学歴はマストではない英語翻訳

たくさんある職業の中でも、医者の様に高い学歴がないと仕事に就けない事もありますが、英語翻訳の場合には学歴はマストという分けではありません。

それより英語翻訳の仕事を行うのに十分な能力を備えているかどうかという事が問われる事もあります。

学歴は問われなくても、英語翻訳の世界はとても厳しく、実力だけで評価される事もあります。趣味などとは違って仕事として通用する英語翻訳を行う事ができる様になるためには、かなり努力しないといけない事もあります。

最初は英語翻訳の仕事ができる様に追いつくので精一杯という事もありますが、頑張り続けていると少しずつ余裕ができてくる事もあるでしょう。

英語翻訳に関する記事

ページの先頭へ戻る

教育ローンは通学定期代にも利用できる    教育ローン豊岡    教育ローンの返済義務は誰にあるか    医学部の教育ローン    教育ローンと在学期間の長さ

copyright©アメリカ留学のホームステイ情報~ホストファミリーと英会話でコミュニケーションとろう~.All Rights Reserved.