アメリカ留学のホームステイ情報 英会話・TOEIC勉強法

教育ローンの返済義務は誰にあるか

教育ローンは親が借りるものです。親が借りて親が返すことが前提となっています。そのため、返済義務があるのは、親と連帯保証人です。教育ローンは、金融機関が独自におこなっているもので、その意味で住宅ローンなどと何ら変わりはありません。

ローンであるという点では同じです。奨学金とはまったく別個のものであると考えたほうがいいでしょう。金を貸す名目がなんであるかの違いだけです。そのため、学生の学力はまったく関係がありません。収入の上限も設けていません。繰り上げ返済も当然できます。在学中は利子だけの支払いとなりますが、当初はそうなるのは住宅ローンも同じです。

後期学費のための教育ローンも

後期学費は、入学金の支払い時期とはずれていて、納付期限が10月末日となることも多いですが、一括納入しなくてはならないので、教育ローンを借りる必要があるケースも中にはあるでしょう。国立大学であっても27万円くらいですから、まとまった金額が必要となります。

教育ローンは、各金融機関が独自に設定しているものですから、基準は金融機関によってまちまちです。しかし、後期授業料を支払うためなら、親が返済できそうであれば、ローンが組める可能性が高いです。教育ローンは住宅ローンやマイカーローンとなんら変わりがないので、できれば返済は早めにしたいものです。

年収に応じて金利が変わる教育ローン

兵庫県豊岡市を中心に営業エリアを展開している但馬信用金庫は、世帯年収に応じて教育ローンに掛かる金利が変動します。融資限度額は1,000万円以内で基準金利 3.03%になります。在学中はお利息のみの支払いOK!お取引状況に応じて、当金庫基準金利から一定の金利を引き下げてくれます。

教育ローンは大学入学後よりも入学前に

大学受験から、合格、入学と、その費用はかなり金額になります。通常、教育ローンを利用しようと考えている場合は、入学金、入学準備金として借り入れの手続きを行います。

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」は安心して借り入れてきるローンとして、多く利用されています。入学資金として借り入れる場合は「合格通知書」または「入学許可書」があれば、いつでも申し込みができます。

しかし、大学入学後に借り入れするためには、「使いみちのわかる書類」を細かく求められることがあります。教育ローンを利用するなら、大学入学後ではなく、入学前の入学準備金として申し込む方がいいでしょう。

教育ローンの金利の据置について

教育ローンの貸付金利の据置のシステムについては、大手の金融機関を中心として導入が進められることがあります。高額な融資を受けるにあたり、いくつかの金融機関のサポートの良しあしを見極めることによって、何時でも安心して生活を過ごすことができるようになります。

そして教育ローンの金利の推移をじっくりと確認することによって、将来的な負担額を軽減することができます。その他、教育ローンのサポートの内容を把握することにより、忙しい生活を過ごしている人であっても、すぐに冷静に契約先を見つけることが可能となります。

教育ローンに関する記事

更新日-2016年12月15日

ページの先頭へ戻る

教育ローンは通学定期代にも利用できる    教育ローン豊岡    教育ローンの返済義務は誰にあるか    医学部の教育ローン    教育ローンと在学期間の長さ

copyright©アメリカ留学のホームステイ情報~ホストファミリーと英会話でコミュニケーションとろう~.All Rights Reserved.